2017年大渓豆干フェスティバル

2017年3月18日〜26日

2017年大渓豆干フェスティバルに桃園市より
「南禅寺豆腐 服部食品」が招待されました。

2017年大渓豆干フェスティバルとは

【ジャンボ豆干春巻】 【ジャンボ豆腐ケーキ】 【豆花千人いただこう】 【百人料理大会】
の4大イベントを通して、みなさんと一緒に楽しもうというフェスティバルです。

年一回の大渓豆干祭は開催されました。今年は豆干春巻、豆腐ケーキ、豆花など様々な豆干料理を紹介し、日本京都の百年以上老舗の服部豆腐にお越しいただき、日台交流を深め、台湾豆干のブランドを世界中に広めていき、海外観光客の最適お土産にするイベントになりました。

中国の伝統文化で、祭事の時は神社へ行って神様をお祭りし、 平安亀(亀形のお餅)を持ち帰り、家族、親友、近所の方とシェアして食べます。大渓で一つの諺がありまして、【豆干食べたら偉い人になれる】という諺です。そこには豆干に対する大渓人のこだわりが表してます。毎年定期的に豆干関連の各業者さんが集まって、神様に大きい豆干をお祭りし、豆干業の繁栄を祈ります。終わってからみんなで一緒に食べて平安を祈ります。

豆干フェスティバルの最も重要な精神はシェアすることです。
みなさんと一緒に美味しい豆干を食べながら大渓の魅力を知りましょう。

桃園の豆腐産業は台湾一位であり、大渓豆干のブランドも全国に知られ、一番有名なお土産になっております。大渓のお水が美味しいので、良い豆製品が作られます。

豆食品の種類、品質、価格と普遍性から見れば、台湾人は世界一幸せな人です。
一番豊富な豆食品を持ち、またますます増えています。

服部食品ブース

皆様に愛される豆腐 日本の豆腐の美味しさ、こだわりの豆腐を賞味頂きました。

桃園市長と共に

台湾のTV局から取材を受けました。

豆干春巻

桃園市衛生局にて

このフェスティバルを通じて日本と台湾の橋渡しになれたらと思っております。